ポーランドでの生活

ポーランドでのアパート探しが予想以上にしんどかったという話

ポーランドの賃貸アパート探しで消耗

憂鬱な気分でこれを書いています。

ポーランドに来て2週間ちょっと経ちました。まだ大したことをしてないのにも関わらず精神的に物凄くグッタリしてます。心当たりがあるのは…

アパートが決まらない

ポーランドに着いてからさっそくネットでアパート探しを始めたわけですが、これが中々うまくいきません。なぜって?英語で質問を送っているせいなのか、いくらアパートの貸主に問い合わせても返事が返ってこないからです。

「アパートが中々見つからない」と同僚に相談すると

「不動産を持っているのは高齢者が多いからね。彼らの多くは英語がわからないんだよ。ポーランドでは高齢者はロシア語ならわかるけど英語はわからない場合が多いんだ」…とのこと。

さて、ここまでこの記事を読んで

現地の言葉を理解できない人間相手に、アパートなんか貸したくないだろ普通は!英語で質問しても返事が帰ってこないなんて当たり前じゃねーか!

と思っている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

まぁ…そうなんですよね。

以前ポーランドを訪れた時に英語を話せる人に多く出くわしたので、「この国なら英語ができればとりあえず生活はできるかな」と私は思っていました。それに今の職場が見つかったのも英語のおかげですし。

でも、正直「英語さえできればとりあえず生活できる」という考え方は少々楽観的すぎたと反省しています。(そういえば、日本語が分からない外国人にとって日本でアパートを探すのはすごく難しいって聞いたこともあります)

で、話をもとに戻すと。

人事の方に「アパート探しがうまくいかなくて困ってます」と相談すると

「会社側ではアパートを貸してはいないけど、アパートを貸している人なら社内で何人か知ってるよ」との返答が。

しかし、それらの物件を見てみると、2LDKや3LDKといった単身向けではない物件がほとんどだったという残念な結果。(それでも人事の方には感謝してますが)

また、返事をくれる大家さんが少ないだけでなく、ほとんどの大家さんが最低でも1年からじゃないと契約してくれないのです。(ポーランドに住む予定の方、覚えておいてください…)

そんな中、「6ヶ月からならどうでしょうか?」と交渉し、今日なんとかOKをくれた大家さんを発見しました。30代後半(推定)の男性で、銀行で働くかたわらアパートを貸しているのだと。

正直言うと、この物件自体への満足度はそれほど高くありません。「アパート自体はきれいだけど、この立地だったらもうちょっと安くてもいいんじゃないか」、と。

しかし、大家さんが英語をかなり上手に話すことができ、そして外国人にアパートを貸すのに慣れているらしい(←あくまで本人の話ですが)とのことだったので、この人を頼る事にしました。(コミュニケーションが取れるって大事)

もしかしたらもっといい物件があったかもしれない…でもアパート探しでこれ以上消耗したくありません。

いずれにせよ、もっとポーランド語覚えねば…

クレジットカードから現金を引き出せないトラブルが発生

過去の記事でもお話ししましたが、渡航1週間前に全財産のほとんどを預金した銀行のデビットカードが不正利用される事件が起きました

あわせて読みたい
ブライアン・ホーク「全く面倒臭えよ」
デビットカードが不正利用された事が渡航目前に発覚した話床に就こうとしていたその時、携帯に入っている銀行のアプリから出金があったとの通知が。「俺今日買い物してないぞ?」と思い、オンライン明細で確認してみると、そこには身に覚えのない請求が。デビットカードが不正利用されたのです。 今日はポーランド渡航前に起きたちょっとしたトラブルについてお話しします。...

なので、そのデビットカードをキャンセルする直前に、私はその口座から日本の銀行で作った別の口座に数ヶ月分の生活費+緊急用の帰国費用を送金したのです。

そして、そのクレジットカードから海外キャッシングサービスの申請をして、ポーランドのATMから現地通貨を引き落せる準備をした…のですが、このクレジットカードでポーランドのATMからキャッシングをすることができません

その銀行のサイトには「なにかトラブルがあったら電話をください」とのことで、早速電話をするも、私が使っているSIMカードでは国際電話ができないことが判明

さらに、国際電話をするためにはわざわざプロバイダーの携帯ショップまで行かなければならないことが判明。

国際電話は1分50zł(150円)。払えない金額ではない。問題は銀行へ問い合わせるには銀行の営業時間内ではいけないということ。

日本ーポーランド間には8時間の時差があるため、銀行の営業時間に電話するには、平日に会社から出て(ポーランドの時間で)午前10時までに携帯ショップに行かなくてはならない

め、めんどくせー…。

普通にカードで買い物をするのには支障ありません。なのでスーパーで買い物するくらいならこのカードは使えます。

しかし、今の私には現金が必要なのです。なぜなら、今日見つけたアパートの契約日までに初月の家賃+敷金を持って行かなければアパートに引っ越せないのです。それができなかったら(望んでもいない)ホテル暮らしを続けなければならない。

最後に

さて、ここまで弱音を吐いてきて「トラブルの源は言語とお金の2つ」だって事に気付きました。とりわけ言語です。

オーストラリアに6年近く住み、「英語を話せる人がたくさんいたから、俺ならポーランドにも住めるだろう」と軽いノリでこの地にやってきた私ですが、言葉の壁を甘く見すぎていたのを認めざるを得ません。

もしこれを読んでいるあなたが現地の言葉を(まだ)理解できない国に行くなら、最低でもアパートの見つけ方、契約の仕方について調べておくことをお勧めします…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください