オーストラリアで就活

オーストラリアの求人を探す(おすすめ求人サイトの比較)

この記事ではオーストラリアでの求人が見つかるサイトを紹介・比較していきます。中にはオーストラリア以外の国で働きたい人に役立つサイトもありますので、ぜひご活用ください。

オーストラリア現地就職希望者へのお勧めの求人サイトTOP2

以下の2つのサイトはオーストラリアで働きたい人へ、個人的に最もおすすめしたいサイトです。

LinkedIn

LinkedInは世界中で利用されている求職者とリクルーターを繋げるためのSNSです。

サイトのヘッダーのJobsの所から興味のある国の求人情報を見つけることができます。

このサイトの素晴らしい点は、プロフィール次第でリクルーターの方からスカウトをもらうこができる点です。私の場合(職業・プログラマー)、経験が1年を越えたあたりからリクルーターから約2ヶ月に1度の頻度で仕事のオファーの話がくるようになり、プログラマー2年目に入ったあたりからほぼ毎月そういったお話をもらえるようになりました。自分からたくさん履歴書を送るよりも遥かに効率が良いです。

オーストラリア国外にいる人・国内にいる人、どちらにも勧められます。(ちなみに、オーストラリア以外の国で働きたい人にもお勧めです。)

seek.com.au

オーストラリアの最大手求人サイトです。オーストラリア国内の求人数だけで言えばこのサイトはLinkedInよりも上です。ただし、(あくまで私の印象ですが、)このサイトに載っている求人はオーストラリア人・永住権保持者のみを対象をしたものが多いような気もします。

いずれにせよ、求人数が他よりも遥かに多いので、オーストラリアで働きたい人は必見です。

あなたが日本にいながらオーストラリアの求人を見つけたいなら

glassdoor

Glassdoorについて

glassdoorは、過去に働いたことのある企業について、給料や労働環境について匿名で情報を共有できるサイトです。そういった情報とは別に、世界中の企業の求人を見ることができます。

このサイトの欠点は、外国人へのビザのサポートの有無が不透明な企業が多い所です。

GoingGlobal

LinkedInやglassdoor同様、オーストラリアのみならず様々な国の求人を見つけらるサイトです。

GoingGlobalについて

このサイトの長所は外国人向けの求人を中心に取り扱っている点です。なので、いざ応募してみて「永住権保持者でなければ雇えない」といった残念な回答が帰ってくることは少ないです。

その反面、求人数ではLinkedIn・seek.com.auに見劣りしてしまいます。

あなたがIT技術者なら

Stack Overflow

もしあなたが私同様にソフトウェア・Web開発者をされているようでしたら、Stack Overflowの求人もおすすめです。

Stack Overflowの求人の長所は、上述の全てのサイトと違い、ビザの提供の有無で求人をフィルターにかけられる点です。

Stackoverflowの求人Stackoverflowの求人ページ

 

(glassdoorもこの機能付けてくれればいいのに…)

あなたの強みが語学力なら

Top Language Jobs

こちらのサイトに載っている求人は自社製品の説明書・ウェブサイトの翻訳、カスタマーサービス、また経済アナリストなど多岐に渡りますが、そのほとんどが2ヶ国語以上を話せる人材を募集しています。(もちろん、日本語を話せる人材を探している企業も見つかります。)なので、あなたの強みが語学力(英語に限らず)であればこちらのサイトもおすすめです。

ただし、オーストラリア国内の仕事の件数自体はそれほど多くありません。

なので、どちらかというと国籍を問わずにチャンスを探している人向けです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください