留学準備

日本の大学生へ:何だかんだ言っても、大学は出ておくと役に立つ

自己紹介のページを読んでくれた方はお気付きになられたかもしれませんが、私はもともと文系の学部、偏差値50未満の私大出身です(*)。特に大した特技や知識も身に付かない(身に付けない)まま卒業しました。後悔なんかしても意味はないとわかっていても、社会人になってからはよく

「なぜ俺はあんな無駄な時間を…」とか

「別に大学なんて行かなくてもよかったかも…」みたいな事をよく考えていました。

わざわざ「偏差値50未満の私大出身です」なんて発言した理由は、私がエリートじゃない事を証明し、そして「凡人でも努力次第で人生を変えられる」と主張したいからです。名門大卒のエリートが留学してキャリアアップしていく話なんて、エリート層以外の人が読んでても別に面白くないでしょ?

「偏差値50未満の大学を出ては行けない」とかそういことは言ってるわけではありません。

実際、ワーホリ・留学でオーストラリアに来ている日本人の中にも

「大学に入って〇〇を専攻して後悔している、だって何も身につかないから」

みたいな事を言う人に会ったこともあります。

しかし、オーストラリアへの留学準備をしていた際に気付いたのですが、大学を出ておくことは、それが国外の大学であってもオーストラリアに住みたい人・働きたい人にとっては結構価値のあることなのです。あなたが現在大学生で中退しようか悩んでいるなら、ちょっとこれを読んで考えなおしてみてください。

海外の大学院から専門を変えるのもあり

オーストラリアの場合

過去の記事でも書いたとおり、オーストラリアの大学院には、バックグラウンドの知識が不足している人向けに準備コースを設けている学校が多く存在します。私が通っていたITの修士もそうでした。実際、申込みに必要だったのは英文の卒業証明書とIELTSの結果だけでした。

そして、大学院の方が期間が短いため、学費と卒業するまでの生活費も安く上がることが多いです。

(これらのメリットについては以下の記事をご覧ください)

あわせて読みたい
IT未経験なのにいきなり大学院でITの学部に入った(入れた)理由私は日本にいた時には不動産関係の仕事をしていました。日本でも大学をでましたが、私が出た学部は文系です。なので、「オーストラリアの大学院でITの勉強をしてくる」と行った時、私の周りの人たちは結構困惑してました。...

ドイツ・オーストリア・ノルウェーは大学院留学の穴場?

このサイトの趣旨はオーストラリアでの留学/就職ですが、もしあなたがオーストラリア以外で就職のチャンスを掴みたいのでしたら、非英語圏への留学もありです。

具体的に言うと、

  • ドイツ
  • オーストリア(オーストリアじゃないですよ)
  • ノルウェー

の3カ国は大学院の学費が安く(ドイツに至っては実質ゼロ)、また英語で取得できる修士課程も存在します。

「そんな情報どこから仕入れたんだよ?」と疑問に思っている方は、Study Portal Mastersこちらのページをご覧ください。ヨーロッパに存在する大学院の専攻と学費をまとめて検索できる素晴らしいサイトです。

大学を出ていればオーストラリアの永住権取得に有利

オーストラリアの永住権の中で、結婚や雇用主に頼らずに取得できるのが技術独立ビザです。このビザに申請するためにはポイントを貯めなくてはならず、そのポイントは主に以下の4つで決まるのです。

  • 年齢
  • 職歴
  • 英語力
  • 学歴

最後の「学歴」なのですが、永住権に必要なポイントを換算するにあたりオーストラリア国外での学歴も同等に評価されるのです。

こちらの画像は移民省のページから抜粋したものです(2018年10月時点)。上から2番目、「オーストラリアの大学、あるいはそれに相当する別の教育機関での学士を取得」と書いてあるのがわかりますか?

ちなみに、前回の記事で少しだけ紹介した私の職場のリードエンジニアである中国人は、学歴・職歴・英語力で点を稼ぐことで、オーストラリアに一度も足を踏み入れずに永住権を獲得したのです。

この技術独立ビザに申請するには合計で65点稼がなくてはなりませんが、あなたが大学を出ているだけで15点も手に入るのです。

外国人は日本の大学の偏差値なんて知らない

「とりあえず大学入っちゃったけど、自分の大学は3流大学だから大して評価されない」とお悩みの方へ。外国人(少なくとも、大多数のオーストラリア人)は、日本の大学の偏差値や大学名なんて知りません。

私がこれまで会った人の中で日本の有名大学について知っている人は

  1. 物凄く親日的で日本の文化に強い興味がある人
  2. 世界大学ランキングに目を通すのが好きな人

のどちらかでした。が、こういった人達の口からも「○○大学の偏差値はいくつだ」とか「偏差値が○○以上なければ一流企業には入れない」みたいな発言は一度も出てきませんでした。当然ながら。

あなたが将来超ハイレベルな大学の博士課程にでも出願するなら、有名大卒であることは武器になるでしょう。が、そうでない場合は大学名なんて海外就職希望者にはプラスにもマイナスにもなりません。

まとめ:学歴はなんだかんだで役に立つ

あなたが好むかどうかは別として、この国で大学を卒業したことがあるということは役に立ちます。それまでの専攻が気にいらなくても、修士からやり直せる可能性もありますからね。ビザの申請にも役立ちますし、日本の大学の偏差値なんかオーストラリア人は知りません。

「大学に通っているけど、意味あるのかなぁ…」と黄昏れているあなた、将来「海外で働きたい」と思った時、意外と役に立つかもしれませんよ。

POSTED COMMENT

  1. くみ より:

    めちゃめちゃ為になる内容ばかりですね。このブログ。出会えてよかった。私が本当に考えていたことを話されているブログです。ちなみに私もオーストラリア大学院にITを学びにいき中国人の留学生多さに嫌気がさしてしまって途中で私はやめました。
    あとどうでもいい話ですが、ブログの中でオーストラリアとオーストリアが出てきてて気になりました笑私も同じ間違えをよくしてました笑

    • 高橋 より:

      くみさん

      為になりますか?そう言って頂けると大変嬉しいです!

      ”オーストラリア大学院にITを学びにいき中国人の留学生多さに嫌気がさしてしまって”
      わかります(笑)。レイシスト扱いされたくなかったので誰にも言いませんでしたが、学校内で中国人が多すぎるところには正直避けていました。彼らは声が大きすぎるので。

      ”オーストラリアとオーストリアが出てきてて気になりました笑”
      この一言のおかげで、この記事でオーストラリアとオーストリアを混同している箇所があったことに気付きました。ありがとうございました(笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください