海外生活全般

『ニートの海外就職日記』の思い出

かつて『ニートの海外就職日記』と呼ばれるブログが存在しました。タイトルの通り、元々ニートだった方が書いていたブログだったのですが、どんな方だったかと言うと…

  • 著者の『海外ニート』氏(以下、ニート氏)は、日本で大学を出て就職するも、過労死上等の長時間労働や有給取得不可能といった日本の労働文化についていけず、ニートになってしまう
  • パチスロと派遣労働(って本人言ってたはず)で生計を立てつつも、「このままじゃ駄目だ」と一念発起したニート氏はオーストラリアへ語学留学
  • 「自分は3流大学出身で勉強は全然してこなかったけど、英語だけは興味があったから真面目にやっていた」と語るニート氏は、渡豪後にめきめきと英語力を伸ばし、語学留学後に現地の専門学校でウェブデザインを専攻。卒業後はウェブデザイナーに転身し、オーストラリアの現地企業でフルタイムの職を得る
  • ビザの都合でオーストラリアから出ざるを得なくなったニート氏はシンガポールへ移住し、現地企業で職を見つけワークライフバランスの取れた生活を送る

 

そんなニート氏が書いていたブログの内容とは、首尾一貫して日本の労働文化への批判でした。『残業が多すぎる』や『有給が取れない』といった話に加えて、手書きの履歴書()からみられる日本人の非効率な働き方など、あらゆる切り口から彼は日本の労働文化の批判を書き続けていました。

手書きの履歴書と聞いて『?』と思った人がいるかもしれません。そのブログが存在したのは2010年前後の話です。現時点(2020年)ではもう日本でも履歴書をパソコンで製作するのは普通になったと聞きます。本当だといいんですが)

 

その一方、オーストラリアやシンガポールでは(「仕事はクソ」と言いながらも)ワークライフバランスの取れた生活を楽しんでいるようでした。ここ(オーストラリアやシンガポール)には日本のような『過剰なお客様至上主義』は存在しない、有給は完全消化が当たり前、定時退社は当たり前、就職市場で価値のあるスキルさえ身に着ければ既卒の人間でも職にありつける等々。

 

私は社会人2年目の頃(2010年)にこのブログを見つけてしまいました。仕事量が急激に増え、サービス残業をせざるを得なくなり、「なんでみんな平気な顔してこんなに残業できるんだ?」と自分の置かれた境遇が嫌になっていた当時の私は、このブログを読んで脳天をぶん殴られたような気分を味わいました。

私はこのブログにのめり込みました。なぜって…当時の私の関心ごとと言えば、まず「サービス残業したくない!こんな人生を60過ぎまで送る事なんて考えられない!どうすれば今の生活から抜け出せる?」、そして「色んな国へ行ってみたい」の2つでしたから。このブログの主題(=海外へ行って日本の過酷な労働文化から卒業しよう)は自分の関心と完全に合致していました。

(これを書くと自分でも「ちょっと気持ちわりーな俺」って思ってしまうんですが…私は『ニートの海外就職日記』を1番初めの投稿から最後の投稿まで全部読みました。これまでバックパッカーのブログや海外移住者のブログの読者になったこともあるんですが、自分が今まで全部の投稿を読んだことのあるブログは『ニートの海外就職日記』だけです)

『ニートの海外就職日記』は人気のあるブログのようでした。新しい記事が公開されたら、1日も経たないうちに何10件もコメントがついてるなんてザラでした(芸能人のブログ並みですね)。投稿内容は毎回日本の労働文化の批判、そしてコメント内容はそんな批判に対する共感といったもの。

「こんなブログ(←失礼な言い方ですいません)にここまで反響が来るってことは、日本の労働慣習が受け入れられない人ってたくさんいるんだろうな」と、想像するのには難くなかったです。

が、そんな人気ブログにも終わりが来ます。

ある日、通勤電車の中で『ニートの海外就職日記』を携帯から見ようとすると、記事が全部無くなってており、その代わりにトップ画面に以下のような文言が。

「ブログが原因で命の危険を感じる出来事があったので、ブログを閉鎖します」

「更新を楽しみにしてくれていた皆さん、ごめんなさい」

 

残念だったのは言うまでもありません。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、当時の私にとって、『サービス残業が常識となっている社会から抜け出すための具体的な方法』を示してくれた唯一の存在があのブログでしたから。

それ以降、私はブログというものへの関心を失っていきました。その代わり、勉強に集中しようと決めたのです。「今の俺がやるべきことはブログを読むことなんかじゃない。勉強と貯金だ」と。

 

時は経ち…2018年、私はこのブログを始めました。「自分が今まで(オーストラリアで働けるようになるまでに)やってきたことをブログにしたら、昔の自分みたいに『海外で働けるようになりたい』って思ってる人の参考になるかも」、と。

「日本語のウェブサイトばかり見てたら、英語を使う能力が伸びないかもしれない」と、私はそれまで極力日本語でネットをしないようにしていました。が、自分自身がブログを書くようになった今、他の海外移住者(日本人)のブログもたまに読むようになりました。それでも、『ニートの海外就職日記』を読んだ時ほどの衝撃はまだ味わった事がありません。

で、『ニートの海外就職日記』の何がそんなに良かったのかって?

ニートの海外就職日記の良かったところ

1つ目:社畜文化から脱出する方法を示してくれた

さっきも話した通り、あのブログを読んでいた頃、「こんな環境で定年までサラリーマンなんて続けられない」と、私は自分が置かれていた環境が心底嫌でした。それに加えて、そんな社会じゃないと生きていけない自分に対しても不甲斐なさ、情けなさを感じていました。『「サービス残業なんて間違ってる」とか言うのはお前の自由だけど、お前会社辞めたらどーすんの?』と。

私はサービス残業が嫌でした。でもどうすればいいかわかりませんでした。そんな私に解決策を提示してくれたのがあのブログでした。『サービス残業したくないなら、それがない社会で働けるようになればいい』って。

(注:以前にも書きましたが、私は海外で働くということはワークライフバランスの取れた生活を送るための手段の一つでしかないと思ってますし、社畜労働から卒業したい人全員にこれを勧めるつもりはありません。詳しく以下の記事にて)

海外脱出を安易に勧めない理由「ブラック企業」や「社畜」といった言葉は、ネット上にとどまらず、一般的に知られている言葉になった気がします。苛酷な労働環境から逃れる為に海外で就職したいと思っている人はたくさんいるようですが、私は「海外の方が労働環境が良いぜ!日本から出ようぜ!」みたいな発言は安易にしません。で、今日その理由について書こうかなと。...

2つ目:三流大学出身の凡人でも、語学と手に職があれば勝機があるということを教えてくれた

プロフィールでも書いた通り、私はかつて『海外で働く=一部の優秀な人にのみに許された生き方』だと思っていました。が、上述の通りニート氏も私と同様に三流大学出身のだったということは、私にとって希望を与えてくれました。

3つ目:言葉選びのセンス

「よくそんな言葉思いつくな…」と感心してしまう位、彼にはブラックジョークを言うセンスがありました。日本人の度が過ぎたお客様第一主義を『奴隷型顧客満足度第一主義』と呼んだり、有給を取りたい人間に対する無言の圧力を『みんなで休まず、みんなで不幸になろうキャンペーン』と呼んだり。

逆に、ちょっと残念だなと思ったところ

ニートの海外就職日記からは「海外へ出ればサービス残業から解放されるかもしれない」という希望を貰えた一方、少しだけ残念だったのが、彼は留学や海外で働くことについての苦労話(あるいはデメリット)を一切してくれなかったことです。

例えば、オーストラリアは物価が物凄く高いのに、語学学校や専門学校の学費をどう工面したのかまでは話してくれませんでした。なので、オーストラリアの学費を調べている間、彼の話が創作みたいに思えてきたこともありました。「パチスロで食いつないでいたニートが、どうやってこんな大金を用意したんだ?本当にこの人が言ってることを鵜呑みにしていいのか?」と。

(もしかしたら、彼がオーストラリアに居た頃はそれほど物価が高くなかったのかもしれませんが)

私の勝手な想像なんですが、彼が苦労話を書かなかった理由は、『日本の労働環境=悪』『海外の労働環境=善』という自分のスタンスを貫くことで読者に期待に応えたかったからなんじゃないかと。

彼のブログの読者の大多数はおそらく『日本の労働環境に鬱憤を溜めている層』であり、彼らがニート氏に期待していたことは日本の労働環境についての批判を書いてくれることだけだったはずです。それが『海外移住は長期的に自分を幸せにしてくれるか?』みたいな冷静な話を急に書いてしまったら、読者の多くは興覚めしてしまったことでしょう。

え、「お前はどうなのか」って?私は…

  1. ワークライフバランスの取れた生活を望むなら、海外での就職はアリ
  2. 三流大出身の凡人でも、需要のあるスキル+語学を身に着ければ、海外で働くことは夢じゃない

…という点ではニート氏に同意です(特に、上の二つ目は私がこのブログで書きたい主題の一つです)。その一方で、

  1. 今の生活を手に入れるまでに犠牲にしたもの(お金、時間、交友関係など)
  2. 日本から離れることで失ったもの

といった事もバランスよく書いていきたいなと思ってます。私がサービス残業漬けで憂鬱な毎日を送っていた20代前半の頃、そんなブログが存在してたらきっと参考にしていたでしょうから。

 

…と、今日の記事はあまりまとまらない文章になってしまいました。早い話が、『ニートの海外就職日記』は、私にとってとても記憶に残る素晴らしいブログでした。もしニート氏がこれを見ていてくれたなら…面白い話をたくさん書いてくれてありがとうと言いたいところです。10年前、日本で社畜だった男より。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください