キャリア

プログラミング言語・フレームワークの需要はここでわかる【Web開発向け】

プログラミングをこれから覚えようとする人が出くわす問題の一つが、たくさんあるプログラミング言語・フレームワークの中から何を覚えるべきなのか、という事です。

個人的には、万人が使うべき最良の言語なんて存在しないと思っています。どの言語にも長所・短所がありますので、そういうった事を気にしている人には、私は大抵

  • 何を作りたいのか
  • どういう働き方をしたいか(大企業の一員になりたいのか、ベンチャーで働きたいのか、あるいはフリーランサーとして食っていきたいのか)

…次第だよ、と答えています。

が、プログラミングを趣味ではなくて仕事にしていきたい人の中には「せっかくこれから長い時間をかけて勉強するんだから、需要があるやつを選びたい」という風に考えている人はたくさんいるでしょう。

なので、今日は国ごとに需要のあるプログラミング言語・フレームワークを見つけられるWebサイト、SimlarTechを紹介します。

こちらのサイトはあくまでWeb開発を対象としています。モバイルや組み込み系のエンジニアになりたい人にはあまり参考にならないかもしれません。

SimlarTechでプログラミング言語・フレームワークの世界ランキングをみてみよう

まず、SimlarTechのリンクはこちらから

ナビゲーションバーのTechnologiesをクリックすると、以下のようなページにたどり着きます。

そして右下にあるServerの欄から、Frameworkを選びましょう。え、探すのが面倒?じゃあこのリンクをクリックすればいいんじゃないかな…。

このページから、世界中に存在するWebサイト・アプリがどういった言語・フレームワークで作られたかわかるわけです。ちなみにこれを書いている時点では10,906,143のサイトが対象となっているわけですね。

ちなみに、本日の時点のトップ10はこんな感じでした。

PHPとASP.NETが1位と2位。昔から存在する技術なので、おそらく誰もが納得できる結果でしょう。

個人的に興味深いなと思ったのがExpress、Laravel、Djangoです。PHPやJavaと比べると若いにも関わらず上位にランクインしているということは、ここ近年急速に需要が増えているからでしょう。

その技術が使われている国のランキングを見てみよう

では、そのページから、気になった言語・フレームワークをクリックし、下の方へスクロールしてみてください。すると、その技術が使われている国TOPが見れるのです。

参考までに、本日のExpressが使われている国TOP10はこんな感じでした。

言語・フレームワークの人気を比較してみよう

そしてこのサイトでは、プログラミング言語・フレームワークがどんな分野で使われているかを別の技術と比較することもできるのです。

まずは、自分が気になっている技術をクリックし…

右下のRelated Technologiesの中から比較したい技術を選び、COMPAREをクリックしましょう。

本日、Ruby On RailsとNodeJsを比べてみたら、こんな感じの結果が出てきました。

サイトの合計数だけで言えばNodeJsは負けているのですが、交通・ロジスティックス・法律等、分野別に見ると数で勝っている場合もあるようです。

下の方までスクロールすると

単純にサイトの数だけ比べてみると、世界のほぼ全ての国々でRuby On Railsの方が多く使われているようですね。

いかがでしたか?Web開発に興味がある方の参考となれば。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください