オーストラリアで働く

オーストラリアでITエンジニアとして働くという事

オーストラリアで大学院を卒業し、プログラマー(正確にはWebディベロッパー)として働き始めてもうすぐ3年が経ちます。日本との労働環境の違い・求人の数や種類・ビザの取りやすさ・外国人の技術者の数等について話していきます。

年齢はそれほど重視されない

日本の大学に通っていた頃、私は新卒でSEになるつもりでした。が、IT業界で働いたことのある父親からの

プログラマーなんて肉体労働みたいなもんだし、35歳で実質定年になってしまう

という強烈な反対を受けた結果、SEになるのを考え直したのです。今から10年くらい前の話です。

私は日本のIT業界で働いたことがないので、この発言がどれほど正しいのかは知りません。

一つ自信を持って言えるのが、実績・実力さえあれば、オーストラリアではそれほど年齢は重視されないということです。

例えば、私の職場には経歴15年以上・40間際のプログラマーが二人(中国人・シンガポール人)います。「もう俺達実質定年だよ…」みたいな発言を彼らの口から聞いたことは一度もありませんし、二人共私の職場の(実質上)リードエンジニアとしてバリバリ働いています

エンジニアになった時点での年齢ですと、私が知っている範囲では35歳からソフトウェアエンジニアになったベトナム人が最年長です。

学歴よりも職歴・経歴

今の職場が見つかる前、私にはクイーンズランド大学(オーストラリアでトップ5に入るであろう名門大学)でコンピュータ・サイエンスを専攻しているオーストラリア人の友人がいました。

そんなにありがたい学校に通っているんだから就職なんて簡単だろう…と思っていたのですが、会うたびに「中々面接まで行けないよ」と言っていたのを覚えています。

前回の記事で書いたとおり私は就活に2〜3ヶ月かかったのですが、結局彼の場合も同じでした。

その一方で、ITの職歴がすでにある場合、職探しの難易度はグッと下がります。LinkedInにまともなプロフィールを載せておくだけで、頻繁にリクルーターからスカウトのメールを貰えるようになります。(LinkedInは転職に使えるSNSです。詳しくは以下の記事をどうぞ。)

あわせて読みたい
LinkedInで海外の求人を見つける方法以前、私はオーストラリアのみならず海外の求人を探すのに便利なSNSであるLinkedInを紹介しました。 先日、私は同サイトを使い、ポーランドの転職先を見つけました。今日の記事では、同サイトの使い方、そして外国の企業のITエンジニア・プログラマーのポジションを探すためのコツを紹介します。...

新卒向けのプログラマー・エンジニアの求人は比較的少ない

  • Graduate Web Developer
  • Graduate Software Engineer
  • Graduate Java Developer

学校を卒業したばかりの人の多くは、上記のように”Graduate”と名の付く求人に応募するのですが、そういった求人は比較的に少ないのです。

オーストラリアのIT技術者の求人は、

  • C# Developer with 2+years experience
  • iOS developer with at least 3 yeas experience

といったように、「最低でも◯年以上の実務経験必須」と謳っている求人が割合的に多いです。

前回の記事を読んでくださった方は覚えてもらってるかもしれませんが、一応IT未経験で現地就職できた例は存在します。あなたがIT未経験だからだといって現地就職を諦める必要はありません。

オーストラリア人のプログラマーはどこにいる?

「そうか、IT未経験だと応募できる求人が少ないのか」

と落胆された方もいらっしゃるかもしれません。が、それでもこの国ではプログラマーは人材不足であり、IT業界は外国人にとってチャンスをつかみやすい業界であることには変わりがありません

私の職場は小規模なベンチャー企業です。勤め先の建物には、いくつもの似たような規模の企業が部屋を借りあっています。つまり、似たような会社の技術者と給湯室やエレベーターの前でよく顔を合わせたりするのです。

ここで働き始めてすぐに気付いたのですが、そういった人達の中のオーストラリア人の割合がとても低いのです

こっちで知り合った(他社の)プログラマーの多くは中国人・韓国人・インド人と、その多くがアジア系の外国人です。

プログラマーはオーストラリアで不足しているからビザがとりやすい」みたいなことは以前から聞いていましたが、実際目の当たりにすると「こんなに労働者の割合が外国人に偏ってて良いのか?」と感じるほどです。

最後に

オーストラリアのIT業界は(少なくとも、エンジニアにとっては)年齢による障壁が低く、人材不足であるため日本人でも職歴を積めるチャンスがあります。

将来は海外で働いてみたい学生のあなた、あるいは海外でキャリアを変えてみたい社会人のあなた、選択肢の一つとして考えてみてください。私は不動産というITとは微塵も関係ない業界出身でアラサーからエンジニアになったわけですが、自分自身の決断には本当に感謝してます。

あわせて読みたい
オーストラリア現地就職までにしたことのまとめ
オーストラリアで現地就職するまでにしたことのまとめ私は中学レベルの英語すら覚えておらず、特に海外で食っていくために使えるようなスキルはありませんでした。 そんな「語学力無し・手に職なし・コネ無し」の私が、ITエンジニアとしてこの国でフルタイムの仕事を得るまでにやってきた事を、このページでまとめました。 「海外で働きたい」と思っている人の参考になれば幸いです。...

POSTED COMMENT

  1. AKI より:

    こんにちは!有益な情報ありがとうございます。
    現在21歳で文系学部卒ですがちょうど高橋さんと同じようなキャリアを進もうと考えています。
    質問なのですが、Web developerとSoftware engineerの違いは何でしょうか?
    Web developerはSTSOLでSoftware engineerはMLTSSLだと思うのですがバックエンドやフロントエンドのWebエンジニアはどちらに属するのか疑問に思っています。

    • 高橋 より:

      AKIさん
      こんにちは!
      Web developerとSoftware engineerの違いですが、
      1)Software engineerとはソフトウェアを開発する人です。このソフトウェアはデスクトップ上のアプリ(フォトショップ等)、モバイルアプリ、そしてウェブ上のアプリ(Gmail等)が当てはまります。(組み込み機械のプログラミングをしている人もSoftware engineerに属するはずです。)
      2)Web developerとは、ウェブ上のアプリだけを作る人です。
      …なので、Web developerはSoftware engineerの一種ですね。

      (以上の説明はこのブログ(http://blog.thefirehoseproject.com/posts/software-engineer-vs-web-developer/)を参考にしました)

      >Web developerはSTSOLでSoftware engineerはMLTSSLだと思うのですがバックエンドやフロントエンドのWebエンジニアはどちらに属するのか疑問に思っています。

      私の(当時の)雇用主がビザを出してくれた際、私の会社での肩書きはWeb developerでした。しかし、彼は私を”Software and Application Programmer”(MLTSSL)としてスポンサーしてくれたのです。なので、結果論で言うと、Web developerでもSoftware and Application Programmerとしてビザのスポンサーシップを得ることは可能です。フロントエンドでもバックエンドでもWeb developerには変わりないので、Software and Application Programmerと同一視して差し支えないと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください